Top > キャッシングの審査は基本的には、本人のみが対象です

キャッシングの審査は基本的には、本人のみが対象です

しばしばあることでキャッシングの審査は本人だけではなく世帯全部に及ぶと考えられがちですが、基本的に審査は本人の個人情報が対象になります。この場合他社からのキャッシングの利用残高がゼロであれば審査には有利になりますが残高があるからそれが問題になるということではありません。また例えば専業主婦がキャッシングをする際には基本的には配偶者である夫の年収さえ確認できれば、キャッシングをする当人に収入がなくても審査をOKとするところもあります。また一部だけですが専業主婦専門にキャッシングの契約をする消費者金融もあります。こちらでは専業主婦でも家族に内緒で申込める銀行カードローンをまとめました。ですから妻がこのようなキャッシングをしている時に夫が新たにキャッシングを申込んだ場合、その審査の範囲が妻のキャッシングまで及ぶということは無いと考えられます。ただし総量規制という法律での借り手の年収の3分の1以内は本人だけではなく世帯の年収が建前上は対象になっていますから、消費者金融を含む全ての金融機関により多少審査の基準や範囲が異なるようです。

関連エントリー