Top > 日常 > ナンピンを入れる

ナンピンを入れる

ありふれた経験の浅い方向けのFXの情報では「損をした時にはナンピンによってポジションの平均をコストを小さくする事が出来る」等と助言されていますがそれは危険性が待ち受けています。

 

最初に、ナンピン買いの手法に関してごく簡単に記述します。

 

仮に1ドル100円でドルを買ったとする。

 

$(ドル)買いですので、円安ドル高になるほど黒字が出るわけですが、運悪く95円まで円高・ドル安が進んでしまったとします。

 

その場面で所有し続けたら損がなくなるまでには、損失分円安が進まなければなりません。

 

損は早急にリカバリしたいと考えるでしょう。

 

ここで最初にエントリーしたのと同じ分の$を1ドルを95円で買います。

 

すると、平均の買い付け単価は97円50銭まで安くする事が出来ます。

 

言い換えると、2円50銭の幅で円安ドル高に推移すれば赤字を失くすことが出来ます。

 

こういったことがナンピンの原理です。

 

こういうふうに、ナンピンの理屈をみると、「ごもっとも」と思ったりするが相場はそう容易には上手くはいきません。

 

だいたい、1ドル=95円が下限だとということなど誰にも分かるわけがありません。

 

例として、市場がかなり強い円高ドル安基調であれば、95円では収まらず、円高が進む危険性が高いです。

 

たとえば、97円50銭でナンピンをした時に1ドル=95円までドル安になったとしたらナンピン買いを入れたポジションも、為替差損が生まれてしまいます。

 

その状態では、一番初めに取引したドルと同時に損を被ることになる。

 

この通り、ナンピンは厄介です。

 

では、外国為替市場が物語とは反対に素早く進んでしまった場合どういった方法で危機の確率を回避すればいいのでしょうか。

 

そういう時には取れる対策は多くはありません。

 

まずひとつはあきらめて損を確定する事です。

 

もうひとつは、その時点で、自分自身が保持しているポジションを減らす事で、相場がリカバリするのを黙って待ち望むことです。

 

少し後ろ向きな手段だと思う方もいると思います。

 

だけど、自分の買いポジションに差損が生じた時、有効な方法はこれよりいいものはないです。

 

理屈の上では、ナンピンを入れるという術もあると思います。

 

だがナンピンは自分自身がマイナスになっている場面でポジションを縮小するどころか、買いポジションを積み増していく手法です。

 

この方法では、リスクを避けることなど、どこをどうやっても不可能だと思ったほうかいいだろう。

http://plaza.rakuten.co.jp/beradne/

ナンピンを続ければいずれは勝てるかもしれない。

 

でも、そうなる先にお金がマイナスになってしまいます。

 

日常

関連エントリー
襟足脱毛のことなら!ナンピンを入れる汗と一緒に恥もかきましたアウト?セーフ?縮毛矯正で気をつけること漫画オタクがばれないようにするためにはテスト